エンジン

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】

エンジン〜関連記事記事一覧

エンジンオイルは、車全体の潤滑を助ける役割りと同時に、エンジン内のサビや腐食を防いでくれる能力もあります。エンジンの中ではガソリンが燃えることになります。そのためガソリンが燃焼したときには、水分と炭酸ガスが発生します。さらに不完全燃焼してしまったときなどには、カーボンが発生することになります。カーボンと水分が反応してしまうと、スラッジや樹脂性堆積物などの有害物質が発生してしまいます。それがエンジン...

マルチバルブシステムの特徴としては、制限された排気量の中で、高性能なエンジンをつくり出すためには、エンジンの中にどれだけ多くの混合器を吸入し、良好な圧縮した上で、素早く廃棄することかが重要になってきます。そのため、4サイクルのレシプロエンジンでは、4バルブやスリーバルブといったシステムを持った車が増えてきました。今まではスポーツカーに多かったようですが、標準的な車にもこのような状態が多くなってきて...

V型エンジンでは、エンジンの前から見たときにV型に配置されていることからその名前がつきました。6気筒なら6このシリンダーを左右に分ける形で配置されるのが普通になります。しかしながら、V型エンジンの最大のメリットは、6気筒でもどう排気量の4気筒のエンジンと同サイズに設定できるということです。つまり、通常で考えるエンジンのサイズよりもぐっとコンパクトにできるということです。また、ブイバンクの角度を変更...

エンジンは、車の中でも最も重量があるパーツとなります。車の心臓になるわけですから当然のことになりますが、このエンジンをどのように配置するかで車の運動性能やスタイリングにとても大きな変化をもたらします。エンジンも置いている場所は、車の前の部分に多くフロントエンジン、後ろの部分におくりやエンジンが一般的になります。ですが、スポーツカーの車ではフロントタイヤとリアタイヤの間に置くタイプのエンジンが採用さ...

FF車では、前方のエンジンの力を前輪に伝えることになりますが、車の中を通っている長いドライブシャフトの必要がありません。クランクシャフトの回転方向と、車の進行方向考えると、横向くエンジンの方が効率が良くなります。エンジンを縦に2つに割ったとき、左右のブロックの質量を同じにすることは簡単ですが、横に行くと決まった場合は、2つのブロックの重さを同じにするのはとても難しいことになります。そのため横置きエ...

レシプロエンジンとロータリーエンジンの違いにおいては、レシプロのピストンに該当するのがロータリーエンジンのローター、コンロッドとクランクシャフトに該当するパーツがエキセントリックシャフトになります。シリンダーに該当するのがハウジングで両サイドからサイドハラジングで密閉された内部でローターが回転することになります。レシプロエンジンでは吸気から廃棄までの4工程をクランクシャフトが2回転するうちにおこな...

エンジンの構造は、カムシャフトバルブシステムピストンシリンダークランクシャフトなどパーツとパーツが摩擦を起こしながら運動することになります。摩擦が起きる部分は精密な工作機器によってしっかりと研磨されていますが、それでも細かくチェックすると微妙な凹凸が存在します。これによって摩擦熱が生じることになります。エンジンそのものは燃料の爆発や燃焼によって高熱を発することになりますが、そこにさらに摩擦熱がくわ...

ATフルートはエンジンオイルほどしょっちゅう交換する必要はありません。通常車を乗っているだけであれば、ほとんど交換する必要がないとも言えます。ですがエンジンの熱やオートマミッションの熱などで酸化してしまいしっかりと努力が車輪に伝わらなくなることもあり得ます。このような状態のときに交換するのであれば50000キロを目安に交換すべきでしょう。基本的にはATフルードの量をきちんとチェックしていることが重...