ATフルード交換距離

50000キロを目安

ATフルートはエンジンオイルほどしょっちゅう交換する必要はありません。
通常車を乗っているだけであれば、ほとんど交換する必要がないとも言えます。

 

ですがエンジンの熱やオートマミッションの熱などで酸化してしまい
しっかりと努力が車輪に伝わらなくなることもあり得ます。

 

このような状態のときに交換するのであれば50000キロを目安に交換すべきでしょう。
基本的にはATフルードの量をきちんとチェックしていることが重要になります。

 

 

また、ATフルードは温まってくると膨らむ特性があります。
ATフルードのレベルゲージには、ホットとコールドの2段階のメモリがあります。

 

 

少し走行した後にミッションが適温になった頃ホット側のメモリで測定すると正確に測ることが可能です。
ゲージで確認するときにとても注意しておきたいのが、
細かなほこりであっても付着をしないにすることです。

 

 

ATミッションはとても緻密な構造をしているので、
髪の毛1本でも入ってしまうとトラブルを発生させる原因となります。
まず、一般の方であれば、自分で行う事はなく、整備工場などで専門の人間に行ってもらうのが安心と言えるでしょう。

 

特殊な工具が必要になります。
ある程度の知識と経験がない家は自分で行うのはやめておきましょう。

 

車の出張査定って、申し込んだらどうなるの?

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】

関連ページ

エンジンオイルの役割
エンジンオイルの役割について
マルチバルブシステム
マルチバルブシステムについて説明しています。
V型エンジンの特徴
V型エンジンの特徴について
エンジンの違い
エンジンの違い
FF車エンジンの置き方の特徴
ロータリーエンジン
ロータリーエンジンについて
エンジンの潤滑系メカニズム
エンジンの潤滑系メカニズムについて