エンジンオイル役割

エンジン内のサビや腐食を防いでくれる能力

エンジンオイルは、車全体の潤滑を助ける役割りと同時に、エンジン内のサビや腐食を防いでくれる能力もあります。
エンジンの中ではガソリンが燃えることになります。

 

そのためガソリンが燃焼したときには、水分と炭酸ガスが発生します。
さらに不完全燃焼してしまったときなどには、カーボンが発生することになります。

 

 

カーボンと水分が反応してしまうと、スラッジや樹脂性堆積物などの有害物質が発生してしまいます。
それがエンジンをどんどん腐蝕させてしまうのです。

 

 

こういったことを防ぐためにエンジンオイルは水分や腐植物質を中和させる役目も担っています。
エンジンの内部で不完全燃焼が起きてしまうと樹脂製の堆積物が発生してしまいます。

 

 

これらの堆積物がクランクケースの中で酸素と結びついてしまうと有害な化合物に変化してしまいます。
この化合物がエンジンの熱によって炭化してしまうとエンジンのパーツの表面に着いてしまい、劣化の原因になってしまいます。
こういった状態を防ぐために、エンジンオイルには洗浄作用も見込まれています。洗浄分散剤が添付されることになります。

 

 

現在の車の主なエンジンは水冷エンジンとなります。
エンジンを冷やすために、ラジエーターがあります。ですがエンジンオイルもエンジンを冷やす役割があります。

 

 

エンジンが活動するときには、ピストンリングの表面やシリンダーに目には見えない細かい傷がついてしまうことになります。
この細かい傷の凹凸部分に油膜を作ってその凹凸をカバーしてくれるのもオイル役割となります。
そうすることでピストンないの圧縮を逃さないようにすることができるのです。

 

 

車の出張査定って、申し込んだらどうなるの?

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】

関連ページ

マルチバルブシステム
マルチバルブシステムについて説明しています。
V型エンジンの特徴
V型エンジンの特徴について
エンジンの違い
エンジンの違い
FF車エンジンの置き方の特徴
ロータリーエンジン
ロータリーエンジンについて
エンジンの潤滑系メカニズム
エンジンの潤滑系メカニズムについて
ATフルードの交換距離