マルチバルブシステム

混合器が重要

マルチバルブシステムの特徴としては、制限された排気量の中で、
高性能なエンジンをつくり出すためには、エンジンの中にどれだけ多くの混合器を吸入し、
良好な圧縮した上で、素早く廃棄することかが重要になってきます。

 

 

そのため、4サイクルのレシプロエンジンでは、
4バルブやスリーバルブといったシステムを持った車が増えてきました。

 

 

今まではスポーツカーに多かったようですが、標準的な車にもこのような状態が多くなってきています。
4バルブの場合、2バルブのものと比べて、ある程度のバルブの面積が確保できることになります。

 

 

それによって、吸排気の効率はぐんとアップすることになります。
その他、バルブの1つあたりの重量も計量できることになり、高回転域までレスポンスの良いエンジンを作り上げることが可能になります。

 

 

しかしながら、あまりにバルブ面積を広げてしまうと、高い回転域では効率よくパワーを発揮することが可能になりますが、
低回転域では吸入速度が遅くなってしまい、低速時でのトルク不足や運転のしにくさといった問題を招くことがあります。

 

 

車の出張査定って、申し込んだらどうなるの?

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】

関連ページ

エンジンオイルの役割
エンジンオイルの役割について
V型エンジンの特徴
V型エンジンの特徴について
エンジンの違い
エンジンの違い
FF車エンジンの置き方の特徴
ロータリーエンジン
ロータリーエンジンについて
エンジンの潤滑系メカニズム
エンジンの潤滑系メカニズムについて
ATフルードの交換距離