エンジン違い

車の心臓

エンジンは、車の中でも最も重量があるパーツとなります。
車の心臓になるわけですから当然のことになりますが、このエンジンをどのように配置するかで車の運動性能やスタイリングにとても大きな変化をもたらします。

 

 

エンジンも置いている場所は、車の前の部分に多くフロントエンジン、後ろの部分におくりやエンジンが一般的になります。
ですが、スポーツカーの車ではフロントタイヤとリアタイヤの間に置くタイプのエンジンが採用されていることもあります。

 

 

エンジンルームの中に、エンジンがどのような角度で置かれるのかも、車の特性を決定付ける大きな要因となってきます。
エンジンは通常などで考えると普通長方形になっています。

 

 

車の進行方向と平行になりように置かれていれば、縦置きエンジン、進行方向に対して直角に置かれているもの横置きエンジンと呼んでいます。

 

 

エンジンが車の前方に配置されているのか、後方に配置されているのか、縦置きなのか、横置きなのかといったこと、さらに車の駆動の関係も重要になってきます。

 

 

駆動方式は、エンジンの力を便利に使えるのか、後輪に伝えるのか、
4つのタイヤすべてに耐えるかということになります。

 

 

フロントエンジンリアドライブの車の場合、エンジンの力を長いドライブシャフトによって伝えることになります。

 

 

縦置きエンジンであれば、エンジン内のクランクシャフトとドライブシャフトが同一方向になるため効率的になります。
しかしながら、ドライブシャフトの回転方向と、タイヤの方向と直角な状態になりますので、こういったものを同一方向にするために、ディファレンシャルギアを必要とします。

 

 

車の出張査定って、申し込んだらどうなるの?

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】

関連ページ

エンジンオイルの役割
エンジンオイルの役割について
マルチバルブシステム
マルチバルブシステムについて説明しています。
V型エンジンの特徴
V型エンジンの特徴について
FF車エンジンの置き方の特徴
ロータリーエンジン
ロータリーエンジンについて
エンジンの潤滑系メカニズム
エンジンの潤滑系メカニズムについて
ATフルードの交換距離