FF車エンジン置き方特徴

効率が良いのは?

FF車では、前方のエンジンの力を前輪に伝えることになりますが、
車の中を通っている長いドライブシャフトの必要がありません。

 

 

クランクシャフトの回転方向と、車の進行方向考えると、横向くエンジンの方が効率が良くなります。

 

 

エンジンを縦に2つに割ったとき、左右のブロックの質量を同じにすることは簡単ですが、
横に行くと決まった場合は、2つのブロックの重さを同じにするのはとても難しいことになります。

 

 

そのため横置きエンジンはもっとも優れているかのように思えますが、必ずしもそうであるとは言えないのです。
これは、ミッションなどがどちらか一方についているからです。

 

 

そのためエンジンを横向きで置いてしまっている場合、左右のバランスが異なってしまい、
ハンドリングの悪化などが生じてしまうことになります。

 

 

こういったことを克服するために、ドライブシャフトの長さの調整や、サスペンションのアライメントのセッティングを行うことになりますが、基本的には欠点が残ってしまうことになっています。

 

 

エンジンを縦置きにした場合、左右のバランスを取る事はとても簡単になりますが、
今度は車全体の重量配分が問題になってきます。

 

 

フロントかリヤどちらかにエンジンをおくにしても、大型で強力なパワーを発揮するエンジンは重さが増えることになりますので、バランスを取るための何らかの方法を施さなくてはならなくなります。

 

 

車の出張査定って、申し込んだらどうなるの?

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】

関連ページ

エンジンオイルの役割
エンジンオイルの役割について
マルチバルブシステム
マルチバルブシステムについて説明しています。
V型エンジンの特徴
V型エンジンの特徴について
エンジンの違い
エンジンの違い
ロータリーエンジン
ロータリーエンジンについて
エンジンの潤滑系メカニズム
エンジンの潤滑系メカニズムについて
ATフルードの交換距離