ロータリーエンジン

レシプロエンジンとロータリーエンジンの違い

レシプロエンジンとロータリーエンジンの違いにおいては、
レシプロのピストンに該当するのがロータリーエンジンのローター、コンロッドとクランクシャフトに該当するパーツがエキセントリックシャフトになります。

 

 

シリンダーに該当するのがハウジングで両サイドからサイドハラジングで密閉された内部でローターが回転することになります。
レシプロエンジンでは吸気から廃棄までの4工程をクランクシャフトが2回転するうちにおこなわれることになります。

 

 

ですがロータリーではローターが1周する間に4工程が終了することになります。
ハラジングは、エピトロユイド曲線と言う特殊な形状をしています。

 

 

その内側で、ローターが円心運動行うことによって、
ローターとハラジングの間の様子が変化し、吸気から圧縮が行われることになります。

 

 

そのまま圧縮が頂点に達した時に点火することにができると、爆発が起こり、ローターが回転し廃棄が行われ始めます。

 

 

ロータリーエンジンのメリット、デメリットとしては、
ロータリーエンジンは回転運動によって動力が発生することになるため、
レシプロエンジンに比べると振動の発生が少ないというメリットがあります。

 

 

またエンジンそのものを小型化し軽量化することが可能です。
さらに回転運動行うことでレシプロを上回る高回転を入れることができるため、出力的にも期待されています。
ですが燃費がかかってしまうのと、エンジン本体から発生してしまう熱の処理問題なのが欠点となります。

 

 

車の出張査定って、申し込んだらどうなるの?

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】

関連ページ

エンジンオイルの役割
エンジンオイルの役割について
マルチバルブシステム
マルチバルブシステムについて説明しています。
V型エンジンの特徴
V型エンジンの特徴について
エンジンの違い
エンジンの違い
FF車エンジンの置き方の特徴
エンジンの潤滑系メカニズム
エンジンの潤滑系メカニズムについて
ATフルードの交換距離