車点火メカニズム

火種が必要

今後気を爆発させるためには、点火させるための火種が必要になってきます。
単純に爆発することができれば良いと言う訳だけではなく、爆発させるタイミングが重要になってきます。

 

 

シリンダーの中で、ピストンが頂点に達する直前に爆発してしまうと、
ピストンにつながるクランクシャフトが逆回転してしまうためです。

 

 

このような点火と点火のタイミングを適正に行ってくれるメカニズムになっています。

 

点火系メカニズムは、バッテリー、点火コイル、ハイテンションコイル、
ディストリビューター、スパークプラグなので構成されています。

 

点火はスパークプラグの放電を左に使って行われることになります。
放電による電力を蓄積しているのがバッテリーです。

 

 

乗用車に使用されているバッテリの、やつは12ボルトになりますが、
これくらいの電圧では放電は行われません。

 

 

そのためイグニッションコイルで電圧を1万5,000ボルトことに高める必要があります。
その後ディストリビューターを経て、他のシリンダー内にあるスパークプラグに送られることになります。

 

 

点火をしてくれるタイミングはディストリビューターがになっています。
ディストリビューターには回転する磁石が取り付けてられています。

 

 

この場合、磁石の時期変化を利用して、電流を遮断したり流したりします。
そのため放電がされるのです。

 

この方式をフルトランジスタ方式といいます。
また、ダイレクトイグニッションシステムと言われるディストリビューターのないシステムも存在します。

 

 

車の出張査定って?

ステップワゴンの値引き情報
>>>ステップワゴン値引き【2016】